プラセンタ注射は危険なの?  ~副作用とリスク~

MENU
アンチエイジング TOP  >  プラセンタの基礎知識 , プラセンタ注射について  >  プラセンタ注射は危険なの?  ~副作用とリスク~

プラセンタ注射は危険なの?  ~副作用とリスク~

美肌や美白、アンチエイジングなど、様々な美容効果で人気のプラセンタ注射。
しかし、身体に直接入れるものなので、副作用のリスクなどを不安に思われる方も多いようです。
ここではプラセンタ注射が持つ危険性や副作用について、ご紹介します。

注射方法による危険性

プラセンタ注射の種類

現在、国内で行われているプラセンタ注射には、皮下注射、筋肉注射、静脈注射など、いくつかの選択肢があります。
注射はどこに打つかによって効果の現れ方に違いがあり、中には禁止されている療法も見受けられます。

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e6%b3%a8%e5%b0%84

皮下注射
皮膚と筋肉の間の皮下組織に注射する方法で、吸収が緩やかで、効果は長く続きます。

静脈注射
静脈の中に直接注射する方法で、即効性は1番です。
しかし、副作用のリスクが高く、体外への排泄も早いことから持続性は期待できません。

筋肉注射
筋肉の中に注射する方法で、即効性・持続性ともに皮下注射と静脈注射の間くらいです。

この3つを即効性で比較すると、次の順番になります。
①静脈注射
②筋肉注射
③皮下注射

一方、効果の持続時間は即効性の反対になります。
①皮下注射
②筋肉注射
③静脈注射

静脈注射はNG!

ここで必ず知っておいてもらいたいのが、

プラセンタ注射は静脈注射が認可されていない!!!

ということです。

そもそも、ラエンネックは「皮下または筋肉内に注射する」、メルスモンは「皮下注射のみに使用」と説明書に明記されています。
静脈注射の場合、血圧低下や呼吸困難、痙攣などの危険な症状が出ることも臨床試験で確認されているのです。

ところが現実には、効果を出すために静脈注射を行うクリニックもありますし、プラセンタよりも安い成分を混ぜた「カクテル点滴」を行うクリニックなども見受けられます。

静脈注射での効果に関しては、科学的な根拠は得られていません!
しかも、静脈注射で事故が起こっても薬剤副作用の適用にはならず、製薬会社が責任をとってくれることはないのです!

プラセンタ注射をする時は、禁止されている療法を行っていない、信頼のおける病院を見つけることが1番重要です。

プラセンタ注射の副作用

アレルギー反応

プラセンタ注射は原料にヒトの胎盤を使用しているので、タンパク質やアミノ酸を含んでいます。
このためタンパク質アレルギーの人などは拒絶反応が出てしまい、最悪の場合はアナフィラキシーショックなどのような重篤な症状に繋がることもあります 。

肝機能障害

110162

2014年、ラエンネックを投与した女性が肝機能障害になって入院されたとの報道がありました。
しかし、この女性は健康・ダイエット食品なども摂取していたため、ラエンネックと肝機能障害との直接的な因果関係は解明できず、ラエンネックが肝機能障害の原因となったとは断定されませんでした。
現在、ラエンネックの副作用の項目には『肝機能障害』が追加表記されています。

ちなみにメルスモンに関しては、副作用の報告は過去に1件もありません!

その他の副作用

473748

臨床試験データによれば、ごく稀に発疹や発熱、かゆみなどの症状が出ることがあります。
すぐに投与を中止して、医師に相談しましょう。
また、注射したところがズキズキと痛んだり、炎症を起こして固くなるなどの副作用が起こることもありますが、これらは半日程度で消えることがほとんどです。

プラセンタ注射のリスク

感染症

人間の狂牛病とも言われるクロイツフェルト・ヤコブ病の感染メカニズムは未だ解明されていません。
このため、いわゆる人間の臓器製剤であるプラセンタ注射も、感染のリスクはゼロではありません。
ヤコブ病は、感染すると発症から1~2年で死亡する恐ろしい感染症です。

献血ができなくなる

プラセンタ注射を1度でも受けたことがある人は、献血や輸血ができません!
これは、輸血による感染リスクを回避するためのもので、ヤコブ病や未知のウィルスへの予防的措置です。

まとめ

223205

プラセンタ注射を始める前に必ず知っておかなければならないことは、ラエンネックやメルスモンが生物由来製品であるということです。

生物由来製品は、未知のウィルスが含まれている可能性が否定できません。
また、ウィルスが混入するリスクも高く、製造過程での滅菌処理に限界があることから、厚生労働省が特別の注意喚起を行っています。

このため、医療機関は投与の記録を20年間保存するよう定められており、万が一感染症が発生した際にも、いつ誰に投与したのかを追跡調査できるしくみが整えられています。

プラセンタ注射には高い効果が期待できますが、このような大きなリスクがあることも無視できません。
美容や健康に良いという宣伝文句だけに惑わされずに、デメリットもよく勉強した上で決めるようにしましょう。

 

合わせて読みたい記事

 プラセンタ注射ってどんなもの?  ~その療法と効果~

 プラセンタ注射って本当にお金がかかるの? ~保険適用のしくみと料金~

 プラセンタサプリの吸収率は注射の20%しかないって本当なの?

 えっ!? プラセンタ注射とサプリの違いは●●だったの?

 どのプラセンタサプリを選べばいいの? ~タイプ別(こだわり別)おすすめプラセンタ~

同じカテゴリー「プラセンタの基礎知識」の一覧

プラセンタはこんな症状に効く!? ~20の薬理作用とその安全性~

プラセンタは様々な分野で利用されており、その医学的効果が認められた成分として知られています。 実際、日本胎盤臨床医学会によると、プラセンタには20もの薬理作用があるというのです! そこで今回は、プラセ […]

記事の続きを読む

美容も健康もサポート! プラセンタの効果・効能

プラセンタの有効性は広く知られていますが、具体的にどのような効能があるかを知らない方は意外に多いのではないでしょうか。 そこで今回は、プラセンタの効果・効能を大きく美容面と健康面に分け、主なものをご紹 […]

記事の続きを読む

プラセンタは女性の抜け毛や薄毛の予防・改善ができる!?

プラセンタの育毛効果についてはTV番組「ホンマでっか!? TV」などでも紹介され、俄然注目されています。 実際、医療機関で抜け毛治療に使われたり、育毛剤に配合されたりと、プラセンタを育毛成分として利用 […]

記事の続きを読む

プラセンタは白髪の予防・改善ができる!?

抜いても抜いても増えてしまう白髪…減らす方法はないからと諦めていませんか? プラセンタには白髪の予防・改善に効果的な成分が豊富に含まれているので、継続的に摂取することで、白髪ができにくい体質に変身する […]

記事の続きを読む

プラセンタの美肌効果 ~ニキビ、シワ・たるみ、毛穴、シミ、くすみ、クマ~

プラセンタに美肌効果があることは知られていますが、具体的にどのような症状に効果があるのかは分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、プラセンタが持つニキビ、シワ・たるみ、毛穴、シミ、くす […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ジャスミンのプロフィール

サビない女になるために、インナーケアを中心に日々奮闘を続けるアラフィフです。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 アンチエイジング

    ページトップ