その症状は本当に更年期? ~ 更年期障害と間違えやすい病気 ~

MENU
アンチエイジング TOP  >  更年期障害対策の基礎知識  >  その症状は本当に更年期? ~ 更年期障害と間違えやすい病気 ~

その症状は本当に更年期? ~ 更年期障害と間違えやすい病気 ~

更年期障害の症状といえば、のぼせ(ホットフラッシュ)、ほてり、発汗、めまい、イライラなど様々ですが、これらの症状が実は他の重篤な病気のサインだったというケースは少なくありません。

そこで今回は、更年期障害と間違えやすい症状がでる病気について、詳しくご紹介します。

糖尿病

糖尿病は、更年期以降にかかりやすい病気です。

しかも、のどの渇き疲労感尿の量が多い体重の減少むくみなどの糖尿病単独の症状に加え、めまい立ちくらみ便秘手足の冷えほてりといった更年期障害と同じ症状が出る合併症もあります。

糖尿病は悪化すると手足の切断、失明、動脈硬化などを引き起こすこともありますので、気になる方は早めに血糖値を調べるようにしましょう。

高血圧

高血圧が引き起こす動悸ほてりのぼせ頭痛肩凝りめまい耳鳴りといった症状は、更年期障害の典型的な症状でもあります。

更年期はホルモンや自律神経が乱れることによって血圧が上がりやすい上、ストレスや体型の変化も血圧を上げる原因です。
放置すると、脳出血や脳梗塞、心不全など、命にかかわる重篤な病気の原因となるので注意が必要です。

メニエール病

30~50代の女性に多く見られるメニエール病は、耳の奥にある内耳の病気で、めまい吐き気難聴耳鳴り耳閉感(耳が詰まる感じ)などの症状が現われます。

発症する年齢が更年期障害と重なるので間違えやすい病気ですが、グルグルと周りが回転するようなめまいとともに、難聴耳鳴りが繰り返し起こるのがメニエール病の特徴です。

初期の段階で治療すれば完治できる病気ですが、放置すると聴力が徐々に低下して回復が難しくなるので、気になる症状がある方は早めに検査を受けるようにしましょう。

甲状腺機能障害

甲状腺機能障害には、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される『甲状腺機能亢進症』と、甲状腺ホルモンの分泌が低下する『甲状腺機能低下症』の2つのタイプがあります。

甲状腺機能亢進症はほてりのぼせ動悸息切れ神経過敏などの症状が出るのに対し、甲状腺機能低下症は冷えむくみ食欲や気力の低下などの症状が特徴です。

どちらの症状も更年期障害と似ている上、甲状腺の異常も40~50代に多いので、症状だけで判別することは困難です。
更年期障害の治療を受けても改善が見られない場合は、甲状腺の検査も受けるようにしましょう。

子宮ガン

更年期は生理周期が安定せず、不正出血過多月経(出血量が多い)が起きやすくなりますが、これらの症状は子宮ガンや子宮筋腫である可能性も考えられます。

不正出血の段階で発見できた子宮ガンは早期ガンであることが多く、適切な治療をすれば完治する確立は高いとされています。
早期発見・早期治療のためにも、気になる症状がある時は早めに婦人科で検査を受けましょう。

その他の病気

その他、更年期障害とよく似た症状が出る病気は次の通りです。

症 状 考えられる病気
ほてり・のぼせ 高血圧、心臓病、甲状腺機能障害
月経異常 子宮筋腫、甲状腺機能亢進症
不正出血 子宮体がん、子宮筋腫、子宮内膜増殖症
動悸・息切れ 貧血、肥満、狭心症、心筋梗塞、不整脈、甲状腺機能亢進症
めまい・耳鳴り メニエール病、中耳炎、腎臓病の薬の副作用、高血圧、脳腫瘍、くも膜下出血、自律神経失調症
手足や腰の冷え 貧血、低血圧、心臓病、ノイローゼ、甲状腺機能低下症
疲労感・倦怠感 貧血、内臓の病気、糖尿病、うつ病
頭痛・頭が重い 耳鼻科系・甲状腺の病気、くも膜下出血、脳腫瘍、高血圧、肩こり
頻尿・残尿感 膀胱炎、子宮筋腫
のどの乾き 糖尿病
むくみ 腎臓病、心臓病、糖尿病、甲状腺機能低下症
関節の痛み・手足のしびれ 頸椎や腰椎の変形、関節リウマチ、脳の病気、膠原病
慢性的な便秘・下痢 大腸ポリープ、大腸癌、過敏性腸症候群

更年期障害はプラセンタで緩和!

プラセンタには、ホルモンバランスを整える『内分泌調整作用』や、自律神経のバランスを整える『自律神経調整作用』があるので、更年期障害の予防・改善に効果的です。

また、『血行促進作用』『造血作用』『疲労回復作用』『体質改善作用』『免疫賦活作用』など、多種多様な薬理作用が複合的に働きかけることによって、更年期障害のツラい症状を緩和することができます。

プラセンタ製剤『メルスモン』は厚生労働省の認可を受け、更年期障害の治療薬として保険適用されています。
プラセンタはホルモンではないので、ホルモン補充療法のような副作用の心配もありません!

まとめ

更年期障害だと決めつけて放置している症状に、思わぬ病気が隠れているかもしれません。
気になる症状がある場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

合わせて読みたい記事

 どのプラセンタサプリを選べばいいの? ~タイプ別(こだわり別)おすすめプラセンタ~

 これって更年期障害? ~ あなたの症状を簡略更年期指数(SMI)でチェック!! ~

 更年期から増えてくる病気とは? ~ 骨粗しょう症・生活習慣病・尿失禁など ~

 更年期には注意したい子宮がん!? ~ 子宮体がんの原因と初期症状 ~

 

同じカテゴリー「更年期障害対策の基礎知識」の一覧

その症状は本当に更年期? ~ 更年期障害と間違えやすい病気 ~

更年期障害の症状といえば、のぼせ(ホットフラッシュ)、ほてり、発汗、めまい、イライラなど様々ですが、これらの症状が実は他の重篤な病気のサインだったというケースは少なくありません。 そこで今回は、更年期 […]

記事の続きを読む

これって更年期障害? ~ あなたの症状を簡略更年期指数(SMI)でチェック!! ~

身体と心の両方に大きな変化が押し寄せる更年期。 自分の症状が更年期障害に該当するものなのか、病院へ行く必要があるのかどうか、更年期症状の程度を判断するための目安として用いられるが『簡略更年期指数(SM […]

記事の続きを読む

20〜30代で更年期障害!? ~ 若年性更年期障害の症状と治療法とは?

更年期障害は40〜50代の女性に発症すると言われていますが、最近は20~30代でも更年期障害に似た症状に悩まされる女性が増えてきています。 こうした症状は『若年性更年期』や『プレ更年期障害』としてマス […]

記事の続きを読む

更年期には注意したい子宮がん!? ~ 子宮体がんの原因と初期症状 ~

更年期から増加するガンの1つに、子宮体ガンがあります。 この子宮体ガンは早い段階から自覚症状が出るので、早期に発見できる可能性が高いガンでもあります。 そこで今回は、子宮体ガンの初期症状や、どんな人が […]

記事の続きを読む

更年期から増えてくる病気とは? ~ 骨粗しょう症・生活習慣病・尿失禁など ~

更年期には女性ホルモンが減少し、様々な病気にかかるリスクが高くなると言われています。 ここでは、更年期になったら気をつけたい閉経と関係がある主な病気について詳しくご紹介します。 骨粗しょう症 骨はお肌 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ジャスミンのプロフィール

サビない女になるために、インナーケアを中心に日々奮闘を続けるアラフィフです。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 アンチエイジング

    ページトップ