プラセンタの美肌効果

目の下のクマを消す方法とは? ~原因と解消法~

顔の印象を老けたり不健康そうに見せてしまうのが目の下にできるクマ。
このクマには4つの種類があり、原因や解消法は異なります。
まずは、自分のくまのタイプを知って、それを消す方法を確認してみましょう。

目元の皮膚はデリケート

目元の皮膚の厚さはわずか0.5~0.6mmで、人体の中でもっとも薄い部位とされています。
保水力が低い上に皮脂腺が少ないので乾燥に弱く、刺激を与えると色素沈着しやすいという特徴があります。
また、人間は1日に1万回以上もまばたきをします。
常に酷使されている目元は、シワやたるみが起こりやすい部位でもあります。

クマの種類と見分け方

クマはその原因や症状によって4つの種類に分けることができます。

クマ4種

青クマ
・下まぶたを引っ張ると青いクマが薄くなる
・皮膚を引っ張っても動かない

茶クマ
・下まぶたを引っ張っても茶色いクマが薄くならない
・皮膚を引っ張るとクマも一緒に動く

黒クマ
・皮膚を引っ張るとクマは見えなくなる
・上から照明が当たると濃くなる

赤クマ
・目頭のあたりが赤く、腫れて浮腫んでいる
・下まぶたを軽く引っ張ると赤みが増す

ただし、複数のタイプのクマが混在するケースもあります。

青クマ

原因

血行が悪くなって『うっ血』した状態になると、血液中の酸素は減少し、鮮やかな赤から暗赤色に変化します。
目の周りには毛細血管が網の目のように張り巡らされているので、薄い皮膚を通してこの血液の色が青黒いクマとなって見えるのです。
目の周りの血流が滞る原因には、寝不足、冷え、ホルモンバランスの乱れ、喫煙、眼精疲労、ドライアイなどがあります。

うっ血とは?
身体のある部分に,静脈の血が異常に多く溜まっている状態のことです。
心臓の働きが弱かったり、血液の流れを妨げられた時に起こります。

解消法

青クマのイラスト

血行不良が原因のクマなので、血行を改善することが何より大切です。

身体が冷えると血管が収縮して血行不良を起こしやすくなるので、身体を温めることを心がけましょう。
蒸しタオルなどで目元を温めたり、ツボ押しやマッサージも効果的です。
ただし、強い力でこすると色素沈着を引き起こすので、マッサージをする時はアイクリームなどで滑りを良くし、優しく行うことがポイントです。

また、寝不足は血行不良の原因となるので、睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。

茶クマ

原因

茶クマの主な原因は色素沈着です。

目元への紫外線や摩擦などの刺激によってメラニンの生成が過剰となり、排出できず沈着してしまった状態です。
花粉症で目をよくこすったり、過剰な洗顔やマッサージによって引き起こされるケースが多いようです。

また、血行不良でできた青クマを放置すると、やがて頑固な茶クマに変色してしまうこともあります。

解消法

茶クマのイラスト

紫外線ダメージを軽減するため、目の周りのUVケアを入念に行うようにしましょう。
刺激の少ないノンケミカルの日焼け止めを塗ったり、美白効果が高いビタミンC誘導体ハイドロキノンプラセンタ配合のスキンケア用品が効果的です。
また、日常生活では目のこすり過ぎなどに注意し、優しくケアするようにしましょう。

 

黒クマ

原因

黒クマ

加齢などによって目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えると、眼球を支えている下まぶたの脂肪(眼窩脂肪)が前にせり出し、目袋や下まぶたのたるみを作ります。
この目袋やたるみの膨らみにできる「」がクマのように見えることから黒クマと呼ばれています。

これとは別に、生まれつき眼窩脂肪の量が少なかったり骨格の問題で、若いうちから発生する人もいます。

解消法

黒クマのイラスト

主な原因である目元のたるみを解消するには、お肌のハリを甦らせることが必須です。
線維芽細胞を活性化させる成分(レチノール・ビタミンC誘導体・プラセンタなど)を摂ることで、お肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やすことができます。
また、むくみがあるとたるみやすくなるので、塩分は控え、入浴や運動などで余計な水分や老廃物は取り除くようにしましょう。

目の周りの筋力UPのために、目を閉じたり開いたりの眼輪筋トレーニングも効果的です。

赤クマ

原因

目の周りの血行不良や眼窩脂肪がせり出すことによって、筋肉(眼輪筋)が透けて見えている状態です。
パソコンやスマホなどの使用による眼精疲労や、加齢によるお肌のたるみが原因となるケースが多いようです。
また、目元の毛細血管に小さな血栓ができることで発生する場合もあります。

解消法

赤クマのイラスト

他のクマに比べて軽度のクマですが、放置すると黒クマや青クマに進行するので早めの対処が必要です。

基本的な対策は青クマと同じです
赤クマの主な原因が目の使い過ぎにあるので、スマホやパソコンの画面を長時間見ることを避けるなど、目を休ませることが大切です。

ただし、眼窩脂肪のせり出しが原因の場合は、美容皮膚科での脂肪を除去する施術をおススメします。

プラセンタによる目下のクマの解消効果

青クマ・赤クマへの効果

プラセンタには血行を促進したり血液を作り出す作用があるので、うっ血を解消して青クマや赤クマを予防・改善する効果が期待できます。
また、自律神経を整えて精神を安定させる作用もあるので、血行不良の原因となる疲労やストレス、不眠の解消をサポートする働きもあります。

茶クマへの効果

プラセンタにはメラニンの生成を抑えて、ターンオーバーのリズムを整える働きがあるので、色素沈着を防いで茶クマの予防・改善が期待できます。

黒クマへの効果

線維芽細胞は加齢とともに衰えるので、お肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る力も低下します。
ただ、これらの成分はそのまま摂っても体内で分解されてしまうので、効果は期待できません。

プラセンタに含まれる成長因子(線維芽細胞増殖因子)には、この線維芽細胞を活性化して、3つの成分の生成をサポートする働きがあります。
お肌のハリや弾力を取り戻すことで、黒クマの原因である目元のたるみを回復させることができます。

まとめ

目元のクマにお悩みの方は、自分のクマのタイプをしっかりと把握してからケアすることが大切です。
しかし、クマができる原因は必ずしも1つとは限らず、全ての原因に対処し続けることはたいへんです。

プラセンタは4種類すべてのクマに効果を発揮する上、様々なお肌の悩みに対応できる美肌成分も豊富に含まれています。
サプリメントを併用することで、クマのない若々しい目元を手に入れましょう!

合わせて読みたい記事

 どのプラセンタサプリを選べばいいの? ~タイプ別(こだわり別)おすすめプラセンタ~

 プラセンタの美肌効果 ~ニキビ、シワ・たるみ、毛穴、シミ、くすみ、クマ~