プラセンタへのQ&A

プラセンタには、血行促進する効果があるんですか?

プラセンタには、色々な健康効果がありますが、その一つに血行促進があります。

 

血行不良になると健康面での様々な不調が出てくるので、出来るだけ早く改善したいと思いませんか?

血行不良を改善出来ると

多くの女性が血行不良による冷え性に悩まされているので、血行促進により冷え性が解消されると次のようなメリットがあります。

 

血液が全身に行き渡ることにより、体温が上昇し基礎代謝が上がります。

 

体温が上昇し、温かい体温を維持できるようになると、全身の臓器の働きも正常化して、健康的になります。

 

基礎代謝が上がると、自然と脂肪燃焼効果も出て、ダイエットになります。

 

プラセンタの血行促進とは

プラセンタの血行促進は、具体的にはどのように体に作用して血流を改善しているのでしょうか?

 

血行が悪化してしまう次の主な原因について、見ていきたいと思います。

・血液ドロドロによる血行不良

・自律神経の乱れによる血行不良

 

 

血液ドロドロを改善

血液中に中性脂肪やコレステロールが多く含まれるようになると、血液ドロドロになり血液の流れが悪くなります。

 

プラセンタには、アミノ酸や各種ビタミンなど豊富でバランスの良い栄養素が含まれていて、その中のビタミンEが血液の流れを良くしてくれます。

 

ビタミンEは、赤血球を若々しく保ち、赤血球に柔軟性を持たせる働きや血管拡張の作用があるので、血管の通りが良くなります。

 

また、ビタミンEは血管内に血栓ができるのを防ぐ作用もあります。

 

そしてプラセンタには、造血作用もあります。

 

白血球や赤血球、血小板など色々な血液細胞の元になる造血幹細胞を増やす働きがあるので、新しい血液を作り出します。

 

以上のように、血液を流しやすくする作用が働くことで血行が良くなります。

 

 

自律神経の乱れを改善

ストレスを受け続けると自律神経のうちの交感神経が活発な状態が続いて、リラックスする時の副交感神経が働く時がほとんどなくなります。

 

交感神経がずっと活発になると末梢血管は、収縮されたままになり血液の流れが悪くなります。

 

プラセンタには、自律神経調整作用があり、交感神経と副交感神経のバランスを良くしてくれます。