更年期の女性は尿漏れに注意! ~ 原因と症状 ~

MENU
アンチエイジング TOP  >  更年期障害対策の基礎知識 , 泌尿器系  >  更年期の女性は尿漏れに注意! ~ 原因と症状 ~

更年期の女性は尿漏れに注意! ~ 原因と症状 ~

40代以上の女性の3人に1人が経験しているとされる尿もれ(尿失禁
いつ尿意が起こるかわからない心配や、ニオイで周囲に知られてしまうのではないかという不安は、本当に煩わしいものです。
そこで今回は、多くの更年期女性を悩ます『尿もれ』について、詳しくご紹介します。

排尿のしくみ

腎臓で作られた尿は膀胱に蓄えられ、尿道を通って体外へ排出されます。

1.通常、膀胱は尿を溜めやすいように緩んでおり、尿道括約筋(骨盤底筋群の一部)を締めることで、尿道を閉じて尿を漏らさないようせき止めています。

2.膀胱内に尿が200~300ml溜まると、尿意を催すよう脳へ信号を送ります

3.トイレに行って排尿できる状態が整うと、脳は尿を出し始めるよう指令を出します

4.指令を受けた膀胱は収縮して尿を押し出し、尿道を締めていた尿道括約筋が緩むことで、尿は体外へと排出されます。

尿もれの種類と症状

更年期の女性に起きる尿もれには2つの種類があり、5割が腹圧性尿失禁、2割が切迫性尿失禁、残りの3割は腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の混合型だと言われています。

腹圧性尿失禁

咳やくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持つなど、お腹に強い力がかかった時、尿もれを起こすタイプです。

出産、老化、肥満、慢性の便秘などによって骨盤底筋群の筋力が弱くなると、お腹に力がかかって膀胱が圧迫された時に尿道を締めきれず、尿もれを起こしてしまうのです。

症状が進むと、普通に歩いたり、階段の上り下りなど、ごく日常的な動作でも尿もれを起こしてしまうようになります。

切迫性尿失禁

突然強い尿意を感じ、トイレに行くまで我慢できず漏らしてしまうタイプの尿もれのことで、過活動膀胱の主な症状の1つです。

本来、排尿は脳からの指令によってコントロールされており、尿がある程度溜まるまでは、排尿を我慢するよう指示されています。
しかし、この脳によるコントロールがうまくいかなくなると、自分の意思とは関係なく膀胱が勝手に収縮し、尿が漏れてしまうのです。

脳出血や脳梗塞、脊髄損傷などで脳や神経回路(脊髄)に障害がある場合や、膀胱や尿道の疾患によって過敏になっている時に起こると考えられています。
しかし、検査をしても異常は見つからず、原因がはっきりしないケースも多いようです。

なぜ更年期の女性に多いの?

更年期の女性に尿もれが多いことには、主に3つの原因があります。

1.尿道の形状

男性の尿道は長さが14~18㎝もあるのに対し、女性の尿道は4~5cmしかありません。
しかも、男性の尿道がS字状に折れ曲がっているのに対し、女性の尿道は出口まで直線的に伸びているため、尿が漏れやすいのです。

2.骨盤底筋群の劣化

骨盤底筋群が弱くなる最大の原因は妊娠・出産にあり、腹圧性尿失禁の実に9割以上は出産経験者だと言われています。
難産で骨盤底筋群への負担が長時間続いたり、多産でダメージの修復が追いつかないという経験を持つ女性は、特に危険度が高いようです。

3.女性ホルモン『エストロゲン』の減少

粘膜を保護する働きを持つエストロゲンの分泌量が減少すると、尿道粘膜が萎縮して柔軟性を失い、尿道をしっかりと閉じることができなくなります
また、エストロゲンが不足すると、骨盤底筋群の筋肉量が減って筋力が低下してしまうので、尿もれが起こりやすくなります。
更に、女性ホルモンの急激な減少は自律神経のバランスを乱します。
自律神経が乱れると、脳による排尿のコントロールが崩れて、尿もれの原因となります。

プラセンタは尿もれにも効果あり!

更年期女性の尿もれの治療法の1つに『ホルモン補充療法』があります。
しかし、この療法は不正出血、子宮筋腫が大きくなる、子宮体ガンになる確立が高まるなど、副作用のリスクが高い上に、既往歴によってはこの療法が使えないケースも考えられます。

プラセンタにはホルモンのバランスを整える『内分泌調整作用』があるので、不足しているエストロゲンの分泌を促進し、尿道粘膜を正常な状態に保ち、骨盤底筋群の劣化を抑える効果が期待できます。

また、プラセンタには『自律神経調整作用』もあるため、女性ホルモンの急激な減少によって引き起こされた自律神経の乱れを調整し、脳による排尿のコントロールを正常な状態に戻すことができます。

プラセンタはホルモンではないので、ホルモン補充療法のような副作用の心配はありません!

まとめ

「まだ更年期じゃないから自分は大丈夫!」と思っている方でも、エストロゲンの分泌量の減少は30歳前後から始まっています。
既に更年期に突入している人はもちろん、まだ更年期を迎えていない人でも、早めの対策が必要です。

合わせて読みたい記事

 自分でできる尿漏れの対策とは?

 更年期から増えてくる病気とは? ~ 骨粗しょう症・生活習慣病・尿失禁など ~

 更年期になると膀胱炎になりやすい!? ~ 中高年型慢性膀胱炎の症状と治療法 ~

 どのプラセンタサプリを選べばいいの? ~タイプ別(こだわり別)おすすめプラセンタ~

同じカテゴリー「更年期障害対策の基礎知識」の一覧

更年期障害の代表格!ホットフラッシュの治療法とは? ~ ホルモン補充療法と漢方薬 ~

ホットフラッシュの治療法として一般的なのは『ホルモン補充療法(HRT)』と『漢方療法』の2つです。 今回は、この2つの治療法のメリットとデメリットについて、詳しくご紹介します。 ホルモン補充療法 ホル […]

記事の続きを読む

そのほてりやのぼせは本当に更年期障害? ~ ホットフラッシュと似た症状が現れる病気 ~

ホットフラッシュとは更年期に多発するほてりやのぼせのことで、更年期女性のおよそ6~7割はこのホットフラッシュに悩まされていると言われています。 ところが、このほてりやのぼせといった症状は必ずしも更年期 […]

記事の続きを読む

自分でできるホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・多汗)の対処法とは?

更年期に多いホットフラッシュは、いつどこで起こるのか予測もつかないからこそ、起こった時にはすぐに対処できるよう日頃から準備しておくことが大切です。 そこで今回は、ホットフラッシュが起きてしまった時の対 […]

記事の続きを読む

更年期に起こるのぼせ・ほてり・異常発汗! ~ホットフラッシュの原因と症状~

更年期障害の症状の中でも、もっとも有名なホットフラッシュ。 のぼせ・ほてり・異常発汗といった不快な症状が、いつどこで現れるのか予測もつかないので本当に厄介です。 そこで今回は、このホットフラッシュが起 […]

記事の続きを読む

更年期の女性は尿漏れに注意! ~ 原因と症状 ~

40代以上の女性の3人に1人が経験しているとされる尿もれ(尿失禁)。 いつ尿意が起こるかわからない心配や、ニオイで周囲に知られてしまうのではないかという不安は、本当に煩わしいものです。 そこで今回は、 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ジャスミンのプロフィール

サビない女になるために、インナーケアを中心に日々奮闘を続けるアラフィフです。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 アンチエイジング

    ページトップ